“日曜日はインラインスケートの日” やしおスケートパークへようこそ!

親子の時間

親子の時間

~第85回 スケートパークレポート~

第85回 スケートパーク

 やしおスケートパークはファミリーインラインスポットのイメージが定着しています。インラインスケートは老若男女運動神経関係なく誰もが楽しめるスポーツ(というよりはレジャー)です。とっかかりは「なんだか楽しそう」「痩せたい」「健康のために軽い運動を」「かっこいいな~」「大会で優勝したい!」・・・何でもいいのです。そして目標も同じく人それぞれです。

第85回 スケートパーク

 最近のやしおスケートパークは、必ずと言っていいほど"初めて参加してくれる親子の姿"が見られます。写真で紹介するのは初めての親子だけではありませんが、今回もやしおで”いい時間”を過ごしている親子がたくさんいたことは、お分かりいただけると思います。

第85回 スケートパーク

 やしおスケートパークで滑っているスケーターの多くは、このみなさんと似たようなパターンで親子でインラインを始め、親子でハマり、子どもが成長に伴い、学校や部活で忙しくなると親だけが残る…やしおに限ったことではないかもしれませんが。みんな自分のそんな時代があったから、親子でインラインに興味を持つ人たちを心から応援したくなるんですね。

第85回 スケートパーク

 そして、最初は子どものために付き添いで来ていたお父さんお母さんにも、あの手この手でスケートを履かせようとします。何故なら親子で一緒に滑った方が、子どもにとっても、親にとっても幸せになると信じているからであって、決して他意はありません。これからやしおに来られる保護者のみなさん、我々がスケートを勧めたら、そういうことなんだ、と思ってください。そして、何はともあれ、やってみてください。決して無理強いは致しませんので。

第85回 スケートパーク

 出勤の途中で、よくやしおSPに立ち寄ってくれる、S-FOURtakkun。やしおで最近、お試し用にと置いてある大人用のブーツを試しにはいてくれました。takkunには我々が勝手にテクニカルアドバイザーに就任してもらっているのですが、やっとその気になってくれたのか?インラインの用具に関しては誰よりも詳しい本職なので、これからもよきアドバイスをお願いします!

第85回 スケートパーク

 インラインにハマる男たち。今は子ども中心というお父さんも、子どもをダシにして遊びに来ているお父さんも、子どもはもう着いてきてくれないけど、ここが居場所のひとつになっているお父さんも・・・年齢や、職業、立場を超えて、インラインスケートという共通のキーワードで何時間でも一緒に過ごせる、不思議なつながりです。もちろんお父さんだけじゃなく、お母さんも、そして未来ある若者たちにとっても居心地のいい場所にしたいですけどね!

第85回 スケートパーク

 次回は5月21日(日)です。その翌週に「光ヶ丘カップ2017」が予定されているので、大会のために調整できる日曜日はこのやしおスケートパークが最後になります。みなさんのご来場をお待ちしております。晴れるといいですね!

Photo & Report by SEG

コメント



認証コード9989

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional