“日曜日はインラインスケートの日” やしおスケートパークへようこそ!

梅雨に突入!一か月ぶりの開催

梅雨に突入!一か月ぶりの開催

~第65回 スケートパークレポート~

第65回 スケートパーク
 

第65回 スケートパーク

 6月5日が雨だったため、予備日の12日にやしおスケートパークを開催しました。天気は上々で、久し振りにミニッツ練が重ならなかったので、まつさん、まっつうpiyocoPIYOも参加しました。光が丘のアッジーさんも光カップを挟んでの連続参加です。kenjiくん、sasakiさん、とバリバリのスケーターに、はっぱくん、kojiくんといった力のある若手も集まり、このところファミリー層が多かったやしおも、この日は豪華な顔ぶれとなりました。もちろん親子で参加の初々しいやしおキッズも大勢訪れてくれました。
 

 

第65回 スケートパーク

 
 光カップを終えて、この時期は一段落する時期なのでしょうか、みなさん自分のルーチンを振り返ったり、改良してみたり、また新たな挑戦を始めたり・・・。お互いに評価しあったり、相談したり、充実した楽しい時間が流れていたようです。
 誰かが新しいトリックに挑戦し始めると、教え合ったり、マネしてみたり、そんな中から意外な一面が見つかったり…この時間がスケーターたちにとってはたまらなく楽しいのです。
 

 

第65回 スケートパーク

 

 

第65回 スケートパーク

 Kenjiくんはやしおに来るとけん玉の練習をします。かなり確度が高くなってきた「天中殺」はもちろん、最近はKendama USAの影響でしょうか糸を指に絡ませてくるくる回しながら技をつなげていくような難しそうなワザにも挑戦しています。そのKenjiくんは、若いkojiくんやはっぱくんにとって最も身近で、しかも高々とそびえる山(目標)です。スラロームだけでなく、アグレッシブにも燃えている二人はKenjiくんからいろいろ吸収しようと頑張っています。(もちろんけん玉ではありません) 

 

第65回 スケートパーク

 さて、前回のやしおスケートパークあたりから、kazさんが試みていることを今回も詰めていきたいということで、参加しているやしおキッズたちを集めて、説明をはじめました。スケートを始めたばかりの子どもたちも、ミニッツに所属するバリバリの子どもたちも一緒になって楽しめるインラインを使ったゲームが始まりました。まずはリレーです。

 

第65回 スケートパーク

 2チームに分かれて、ならんでいるパイロンをスラロームで通り抜け、戻ってきたら次の子にバトンタッチするという、ごく単純なルールですが、両チームの力の差をなくすことが、なかなか難しいようです。そのへんでkazさんも悩みながら、キッズたちの声を聴いて試行錯誤しています。

 

第65回 スケートパーク

 次なる種目は「鬼ごっこ」です。やはり子どもたちがスケートに必要なスキルを自然に身に付けるのに最適な遊びはリレーと鬼ごっこでしょう。ルールをどうするかSEGも一緒に悩みました。やしおスケートパークは路面の幅が狭く、あまり鬼ごっこには向いてないので、ルールには工夫が必要です。思いつきで「しっぽとり」をやってみたところ、単純な鬼ごっこよりは、いいようです。尻尾の材料が足りず、今回見学だけで終わってしまったキッズたち、ごめんね!この次までに、たくさんの「しっぽ」を用意しておこうと思います。

 
次回やしおスケートパークは、6月19日(日)です。雨が降らないことを祈りましょう! 

コメント



認証コード7442

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional