“日曜日はインラインスケートの日” やしおスケートパークへようこそ!

滑り納めは検定対策 !?

滑り納めは検定対策 !?

~第126回 スケートパークレポート~

第126回 スケートパーク

 師走も大詰めの12月30日、今年最後のやしおスケートパークを開催しました。天気は最高の快晴でしたが、数日前からの寒波の影響で、気温は低めでした。
 毎年12月は定例の第1・第3日曜日の他に、公園のご理解をいただき、最終日曜日(第5)にも「滑り納め」ということで、開催しています。さすがに大晦日前日ともなると、参加者は少なめでした。

 先日じょうすけさんから情報提供があり、2019年3月3日にJISSAのスラローム検定が行われることがわかりました。JISSA(日本インラインスケートスラローム協会)は代表者が交替し、最近はあまり大きなイベントは手掛けていませんでしたが、以前はやしおスケートパークでも大会を開いたり、スラローム検定を行ったりという実績があり、やしおスケートパークともつながりの強い団体です。

 そしてスラローム検定といえば、2015年の9月にここやしおスケートパークで行われて以来、「検定会」という体裁では行われていないはずですので、実に3年半ぶりの開催となります。

検定に向けて

パイロンマーキング

 JISSAの検定で規定されているパイロン配置を再現しました。といっても、パイロン自体はいつもの位置ですが、スタートラインは最初のパイロンから10mで、スタート時に片足または両足が入っていなければならない50cmのラインと合わせて、ガムテープでスタートラインを作りました。(少し奥にあるラインはノービス検定用のスタートラインです)

 検定に向けて、というワケではありませんが、やしおのパイロンマーキングが、全体的に薄く、見えにくくなっていましたので、この際だから、とマーキングもきれいに直しました。

 ついでに近くのホームセンターで、ストップウォッチを購入。これで準備は万全です。

 さっそくKazさんがスケーターたちを集めて、検定のシミュレーションを呼びかけました。今来ている子どもたちはほとんどの子が検定を受けたことがないので、新鮮さもあって、みんなまじめに取り組んでいました。

 当初、私とkazさんで予想したのは、Suprincessのメンバーなら、スラローム検定1級はとれるんじゃない?というところでしたが、実際にシミュレーションをしてみると、パラレルでは誰も8秒を切ることができません。kazさんがトライしてみても7秒台後半がいいところです。

 これまでやしおの子どもたちは、タイムを意識して滑ることがほとんどありませんでしたので、スタートダッシュが苦手です。スタートラインから、一つ目のパイロンまでで、明らかに数秒のロスがあります。

 パラレルはどちらかというとスピードが乗りにくい種目なので、クロスやスネーク、最もスピードが出せるはずのワンフットもやってみましたが、まだどのトリックも完璧でない子が多く、スピードを追求できそうな子は1~2名で、まずはこの形に慣れることが大切だという結論に達しました。

シミュレーション

 子どもたちが滑って追いつかないので、大人たちはさらに厳しい…。一度気分を変えて、ノービス検定バージンでやってみたところ、この条件ならパラレル、スネーク、クロス、バックスネーク、バッククロス、ワンフットで、ほぼ全員がクリアできそうでした。ノービス1級は堅いでしょう。

 スラローム検定のいかに壁が高いか、がわかります。3月までに何とかレベルアップして、ノービス全員クリア&スラローム検定で、一つでも上位の級を狙えるようにしていきたいと思います。

 ちなみに私(SEG)は3年前の検定でかろうじて1級を取りましたが、今回シミュレーションしてみると、ワンフット以外どれも8秒台後半…。歳には勝てないとはいえ、一度とれた級が全くダメになってしまうのは悲しすぎます。がんばらねば!

Yasさん親子

 毎回横浜市から参加してくれているYasさん、Rinaちゃん親子。今日は、お兄ちゃんのK4くんも一緒に来てくれました。

YasさんとK4くん

 K4くんはまだインラインスケートはしないようで、ブレードボードやバドミントンで遊んでいました。5年生ということで、何でもすぐに飛びつく年齢ではありませんね。インラインに興味を持ってくれれば嬉しいです。

とどさん と だいさん

 840*RIDERSメンバーのとどさんとだいさん。とどさんはりんりんだいくんのパパで、いつも嬉しい秘密兵器を持って来てくれます。だいさんはゆかりちゃんのパパで、インラインに真摯に向き合う姿勢はやしおで1番かも知れません。(東京ドームでも常連で滑っておられます)二人ともとっても優しいパパで、家族サービスも忘れていません。

S-FOUR の takkun

 ほぼ常連のS-FOUR takkun。商品を買ってくれたお客さんに、細やかなフォローをするために毎回お仕事前に立ち寄ってくれるのです。そして差し入れ(今回はレモンスカッシュ味のうまい棒)いつもありがとうございます!

お昼休憩

 寒いので、日の当たる場所にベースキャンプを作り、みんなで集まってお昼ごはんタイムです。この一時が複数の家族ぐるみで、とても心温まる時間であり、やしおローカルの絆の源なのです。

Suprincess始動!

 光が丘フェスティバルで華々しくデビューしたSuprincess。次なる課題に向けていよいよ始動でしょうか?kaz監督を中心に円陣を組みます。またすばらしいパフォーマンスを期待してますよ!

Suprincess練習

 何やら新しいフォーメーションを練っているようですね。いつも一緒に遊んで一緒に練習している彼女たちの息はピッタリで、このごろは大人が要求した動きをすぐに再現できるようになってきました。

入口の整備

 前回完全にふさがれていたやしおスケートパークの入り口ですが、今日は側溝の工事は継続中でしたが、車の出入りスペースがきれいに再整備されていました。おかげで第2ゲートは開けずに済みました。

 さて、今年2018年やしおスケートパークは今回で終了です。明日は大晦日、明後日はもう2019年です。

 今年やしおスケートパークを訪れてくださったみなさま、本当にありがとうございました。みなさまのおかげで、25回の開催、延べ849名の参加がありました。オープン以来の累積参加者数は3,682名となりました。

 新年は1月6日より開催する予定です。2019年もやしおスケートパークをよろしくお願いいたします。みなさま、よいお年をお迎えください。

( Photo & Report By SEG )

コメント



認証コード0745

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional